新興数寄屋建築家吉田五十八氏の「饒舌抄」に感動したT&Aが贈る建築談義


by t-ainfo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
地球温暖化問題CO2削減の観点から、地中熱利用の冷暖房システムが注目されてきている。

地表は夏冬ともに温度の変化が激しいが、地中は年間を通じて温度が一定であることから、その点を利用して地中にパイプを埋設して熱交換させることで冷暖房システムを行っている。

自然エネルギー利用としては効率いいシステムである。
ただ現段階では住宅利用でコスト的には初期費用で270万円程度かかるため、通常の設備の2倍程度必要である。

今後太陽光発電と同じように自然エネルギーの普及促進には国や行政の協力(補助)など検討が必要である。

地中熱利用促進協会

ジオパワーシステム

経済産業省地熱発電に関する研究会資料

ecoハウス研究会地中熱活用住宅

地熱資源研究グループ

地熱利用住宅All About
[PR]
# by t-ainfo | 2009-07-27 23:10 | 環境
最近、新聞等で「フラット35」「フラット35S」などの文字がよく目につくようになってきた。

経済危機対策に盛り込んだ14兆円補正予算に伴い住宅金融支援機構は6月4日より始めた制度である。
大きく下記2点が上げられる。
1,融資割合を100%にUP
2,20年間0.3%優遇金利適用(一定の条件を満たす建物)

その他建築確認や各種検査の申請費用、契約書に貼る印紙代、適合証明検査費用など、物件を取得するのに必要な諸費用も融資の対象。

さらに「長期優良住宅の普及促進法(200年住宅法)」施行に伴い、長期優良住宅に認定された物件を融資対象とする。融資期間は36年以上50年以下、35年以下はフラット35として扱う。親子リレー返済を除き契約者の完済時の年齢が80歳未満であることが条件。6月9日までに50機関が取り扱いを表明しており、このうち27機関が取り扱い中という。

ここ一年以上はこれらの優遇措置は続く予定であり、税制面だけみれば建て替え、買い時とみられます。ただ人生で最も大きな買い物である住宅は、慎重にそして計画的に判断され、200年住宅がやっと話題あがるようになってきた日本の住宅業界、住宅への考え方住まい方を見直す時期に来ているように思われます。
[PR]
# by t-ainfo | 2009-06-22 09:22 | 住宅

「環境建築」の通信簿

日経アーキテクチャー(2009年6月22日号)の特集が「環境建築」の通信簿である。

特に記事にのなかで、「どう選ぶ?エコ住宅設備」とあり・・・・・
各ハウスメーカーがこぞって、エコ住宅への取り組みを比較している。

最近国の太陽光発電への補助金もスタートし、各自治体でも普及促進に補助金を設定している。
弊社の地元北区でも
北区新エネルギー導入補助金が始まり、一定の普及効果が上がってきているようである。

しかし、工事費が一般的に3.5キロワットで設置費込みに約250万程度かかり、現在の売電価格にが約23〜24円であるから、元を取るには30年近い年月が必要になる計算である。
今後売電価格が50円前後になれば約10年程度で初期投資を回収できる計算も成り立ち、普及に弾みがつくはずである。

いまエコ環境意識はますます高まり、住宅に於いての省エネ・エコ住宅は長寿命住宅と併せて今後の日本建築界の大きな課題である。

T&Aとしても、ますます環境意識の高い(グリーンコンシューマー)住宅を素材・設備・住まい方など様々な角度から設計していく計画である。
d0013977_17175771.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-06-20 17:17 | 環境
江東区の臨済宗妙心寺派冝雲寺の境内に増設していた墓地と合葬墓が完成しました!

冝雲寺は・・・・?
江東区白河にある臨済宗妙心寺派の禅宗寺院である。寛文六年(1666)深川元町神明社地内に建立され、冝雲庵と称していたが、元禄六年(1694)現在地に移転、元禄七年(1695)見性院融峰宗和居士を開基、卓禅恵超禅師を開山として中興。冝雲寺は別称一蝶寺として有名であるが、これは江戸時代の著名な絵師英一蝶が当寺に寄寓、ために一蝶寺と呼ばれてきた。一蝶の作品多数を蔵していたが、惜しいことに昭和二十年の大空襲で一蝶の絵をはじめ寺宝、記録類を焼失。山門の左柱に「一蝶寺」、右柱に「坐禅会」の板札がかかり、山門右手前に冝雲寺の石碑が立っている。また潜り戸には「日本盆栽協会 江東支部」の表札がかかっている。(てらたびHPより)

お墓の設計は、建築確認とはだいぶ勝手がちがい、事前協議の段階で保健所との協議がかなり手間取りましたが、一つ一つ問題をクリアーして何故墓地が必要か?をしっかりとしたデータと根拠をしめしていけば問題なく計画は進みます。いままであまりにも営業優先で強引に墓地計画を進めてきた業者が多く特異な業界であったようです。

今回の設計は72区画と合葬墓という小規模のものです。墓石はすべて日本で図面をおこし、製作は中国で行うことにより納期とコストを考慮して材料の質を上げる工夫をしております。ご住職自慢の盆栽で有名な境内のつながりの墓地で、駅から徒歩3分の好立地、墓地の環境として最高にいい条件がそろったお墓であります。

日本の伝統や歴史・気候風土に沿った自然派嗜好のエコ建築が得意な弊社としても、今回の経験を生かして、祈りの場であるお墓や合葬墓・永代供養墓など神社仏閣などにも力入れて今後取り組みたいと考えております。

冝雲寺
〒135-0021 東京都江東区白河2−7−10

d0013977_15453740.jpg
d0013977_15454593.jpg
d0013977_15455567.jpg
d0013977_1546983.jpg
d0013977_8404186.jpg
d0013977_8405293.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-06-20 15:46 | 建築

長期優良住宅促進法施行

長期にわたり良好な状態で使用できる住宅の普及をめざす「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(長期優良住宅促進法)が2009年6月4日に施行された。日本の取り壊される住宅の平均築後経過年数は約30年と、英国の約77年、米国の約55年に比べて短い。築後30年程度で建て替える従来の住宅に対するイメージを転換、家族構成の変化に応じてリフォームやメンテナンスをしながら世代を超えて使い続けられる「長持ち住宅」の供給や流通を促すことで、成熟社会にふさわしい良質な住宅ストックを形成するとともに、住宅の建築・解体に伴う環境負荷も低減する狙いだ。このため長期優良住宅の認定を受けた住宅には様々な優遇措置が講じられる。

優遇措置
1,ローン減税最大600万円
2,最大200万円補助
3,最長50年返済

認定基準
1,一定以上の性能を満たしていること
2,維持保全計画を策定していること

つまり100年程度は持つ構造性能(基準法レベルの1.25倍)があり、維持管理・更新(構造躯体に影響なく配管交換など)が容易な建物であれば、優遇措置を受けられることになる。

この法律が今後の日本の住宅環境、都市環境にどのように影響してくるか?
日本古来の伝統建築は数百年の単位で維持管理を繰り返しており、和風モダンを基本姿勢に設計している者からすれば、普段から当たり前のようにこの程度の基準はクリアしていたので、国の住宅に対する考え方・法律がやっと追いついて来た感はある。
[PR]
# by t-ainfo | 2009-06-04 06:53 | 住宅

M邸完成報告!

都内の閑静な住宅街の一角に純和風の住宅が完成しました。
数寄屋門をくぐると茶庭を眺めながらの飛び石のアプローチが玄関まで続きます。
一階は茶室や水屋、リビング、二階はプライベートな空間になっています。
d0013977_1775691.jpg

瓦の切妻屋根に起りをつけ、下屋の高さを低く抑えた。
d0013977_17132264.jpg

d0013977_1712940.jpg

d0013977_17122527.jpg

d0013977_17131215.jpg

玄関ポーチは庭師さんと相談し白御影石と鉄平石を敷きました。
d0013977_1723343.jpg

d0013977_17254147.jpg

d0013977_172445100.jpg

d0013977_17245841.jpg

d0013977_1725463.jpg

d0013977_17255741.jpg

d0013977_17274289.jpg

d0013977_17262821.jpg

d0013977_17272247.jpg

d0013977_1729423.jpg

d0013977_17292168.jpg

d0013977_17293287.jpg

d0013977_17282862.jpg

d0013977_17283989.jpg

d0013977_17303297.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-04-06 17:36 | 建築

地鎮祭

雨の3月6日に工事予定の二軒住宅(ご兄弟で隣り合わせにて同時着工)の地鎮祭が執り行われました。あいにくの朝から雨でしたが、テントを貼ってぬかるみには砂をまいて、準備万端スタート。
d0013977_2345222.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-03-06 20:21

2月28日会社創立記念日!

平成3年2月28日に会社を創立してすでに今日で18年が経ちました。

この間結婚と同時に、北区志茂に15坪の狭小住宅CasaTを設計したのをスタートに、その住宅が雑誌に掲載され、それをご覧いただいたOご夫妻から終の棲家をとCasaOの設計依頼をいただく。O様はすでに別荘含めると3軒の自邸新築経験があり、お抱えの大工がいるほどの普請道楽であり、新人建築家の自分よりよほど材料などご存じの方であり、大変勉強させていただいた思い出の住宅。また友人の実家の建て替え依頼がありスペイン風の住宅から和風住宅を希望され1年以上かけてじっくり設計させていただいた仙台のCasaS
北区志茂の妻の実家の銭湯テルメ末広の大規模改修や、ちょうどヨーロッパを1ヶ月以上旅した直後のプロバンス風のヨーロピアンスタイルCasaTの住宅。さらには海外では上海に店舗出店を希望された茶道具屋さんの茶室付き店舗Shanghai MASUDAYAの設計では中国での仕事のおもしろさや難しさを学び。別荘建築では軽井沢のCasaAにて自然と溶け込む空間など、その時その瞬間に一番住みたいそして心地良い居心地のよいと思える住宅や空間を作り続けいてきました。

これまで設計を依頼いただいた多くのお施主様、そして協力していただいている施工会社・職人の方々、さらには公私ともにお付き合いいただいている皆様に心より感謝申し上げます。

この先も時代に左右されず長く落ち着き数十年経って本当に良かったと思い得るような居住空間を設計して参ります。
今後とも宜しくお願いいたします。
[PR]
# by t-ainfo | 2009-02-28 23:20

二畳茶室制作

裏千家淡交会関東第一地区の初茶会に於いて、二畳の茶室を制作。
大寄せの茶会が多い中で少しでも二畳茶席空間に入った感覚を感じていただこうと制作した組み立て茶室である。
60㎜の檜の柱を伝統的な木組みで組み合わせ京間サイズの二畳茶室としております。

d0013977_1412370.jpg
d0013977_14121110.jpg
d0013977_14122229.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-02-22 14:12

T&AプレスVOL3完成!!

T&AプレスVOL3が完成しました。
椿建築デザイン研究所の、これまでの建築物件の紹介等の情報はもちろん。
昨年度のふたつの新しい取り組みなどをまとめてご紹介。

詳しくは、「T&AプレスVOL3」に弊社最新情報とともに掲載しております。

d0013977_1533054.jpg


d0013977_154857.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-02-15 15:11 | その他