新興数寄屋建築家吉田五十八氏の「饒舌抄」に感動したT&Aが贈る建築談義


by t-ainfo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

T&A仕事始め!

2010年寅年 T&A仕事始めにあたり、一服のお茶でスタッフと共に気持ちも新たにスタートいたしました。

T&Aも今年で創業20年となります。
これもひとえに設計の場与えていただいた多くの方々のお陰と心より感謝いたします。

建築界はご承知のとおり近年にない厳しい時代を迎えておりますが、こんな時だからこそ本質を見つめ直しいつの時代も変わらぬ価値感と完成度を持った建物をしっかり造って前に進んでいかなければなりません。

今後は建築界も「環境」がキーワードとなります。

長寿命住宅で省エネに配慮した高気密高断熱仕様・身体に優しい自然素材を使用して経年変化と共に深み・味わいの増す建物、そしてその地域の気候風土、さらには歴史感などが求められる時代です。

まさに今までT&Aが造ってきた「和風モダンスタイル」の住宅が時代に合ってきたとも言えます。

今年もスタッフ共々どうぞ宜しくお願いいたします。
d0013977_1315252.jpg
d0013977_132580.jpg
d0013977_133017.jpg
d0013977_1332514.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2010-01-05 23:06 | その他
COP15(国連機構変動枠組み条約第15回締約国会議)の議長国を務めたデンマークは、2025年までに総エネルギー消費の30%を再生可能エネルギーで賄おうとしている。

そのデンマークの中央に位置するサムソ島では、風力発電やバイオマス燃料を利用した地域暖房導入で、二酸化炭素(CO2)排出量を計算上ゼロにする「カーボンニュートラル」を実現した。

サムソ島は人口4100人。1997年当時島の風力発電量は電力需要の5%。現在は1メガワット級風力発電機11基と2.3メガワット級洋上風力発電機10基で発電しており、洋上風力発電機分はすべて島外で使用している。

風力発電機一基600万クローネ(約k1億円)だが、毎年平均100万クローネの電力を売電しているので約6年で元が取れる計算である。

メンテナンス費用を入れても投資ビジネスとして十分に成り立つため普及したと言える。

今後日本の環境ビジネスは戸建て住宅に大きなウエイトが掛かってくる。
大手住宅メーカーもこぞって太陽光発電やLED照明など「省エネ住宅」をセールスポイントとして全面に出してきた。高気密高断熱住宅からさらに「カーボンニュートラル住宅」に環境意識の高い住宅が求められてきている。

参考資料サムソ島調査

d0013977_23123418.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-12-23 23:12 | 環境
最近日本でも防犯のために住宅地の廻りをフェンスやゲート、防犯カメラで囲んだ「ゲーテッドコミュニティー「要塞都市」が増えつつあるとの記事が、産経新聞に載っていた。

アメリカでは1980年代から増え始め現在は5万カ所あるといわれている。ちょうど1979年から1981年までロサンゼルスに居たときに、ベバリーヒルズよりさらに高級住宅地といわれたベルエア地区のゲートを思い出す。ゲート脇には常駐の警備員がおり、専用のパトカーが24時間警備しているエリア。そのゲートから出てきたベンツオープンカーに憧れの視線を送っていたことを思い出す。

日本では2000年ごろから徐々に現れて、現在150カ所ぐらいのようだ。
アメリカでは住む人種や富裕層と貧困層で完全にエリア分けがあったが、近い将来日本でも同じような現象の表れが「ゲーテッドコミュニティー」なのかもしれない。

ただ、昔の日本はフェンスやゲートを作らなくてもしっかりしたコミュニティーが存在して、お互いに安心安全を作り上げていたのだが、それが出来にくい現代社会に問題があるようだ。

「ゲーテッドコミュニティー」のような安心安全の要塞都市をどうつくるか以上に、人のと人の絆をで街ができないものなか? まちづくりの理想と現実は多くの問題を抱えている。
[PR]
# by t-ainfo | 2009-12-01 23:11 | 建築
欧州連合EUは2021年以降新築する住宅やオフィスビルなどについて原則として、二酸化炭素(CO2)を実質的に排出しない「エコ建築物」とするよう義務づける規制を導入すること決定した。

建築物はEU区域内のCO2排出量の約40%を占めるため、抜本的な対策が必要と判断しての決定であり、日本の住宅政策にも大きな影響が与えそうである。

エコ建築物は太陽光パネル、地熱発電、風力発電の設備を設置し、高気密高断熱使用であり、給湯や省エネ照明など多義に渡る仕様が含まれるため、補助金や低利融資、技術開発などまだまだ検討事項が多く含まれている。

EUでは建物にエコ証明書の発行義務付けも検討しており、対策効果で1家庭あたりの年間エネルギー料金を約300ユーロ(約3900円)削減できると試算し、建設産業の活性化効果も見込んでいる。
[PR]
# by t-ainfo | 2009-11-30 02:53 | 建築

建築士定期講習受講

「平成20年11月28日に施行された新建築士法では、建築士事務所に属する一級・二級・木造建築士は、3年毎に国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う建築士定期講習の課程を修了することとされています。 
 なお、経過措置として、現在建築士事務所に所属又は平成24年3月31日までに所属した建築士は、平成23年度中(平成24年3月31日まで)に最初の建築士定期講習の課程を修了すればよいこととなっております。」

との東京建築士会の案内があり、第三期の講習会を受けてきました。

9:30受講概要の説明唐スタートして、建築物の建築に関する法令に関する科目1・2・3と設計及び工事監理に関する科目の計4科目を受講後、修了考査としてテストがあり17:30に終了。

久しぶりの一日受講とテストでぐったりして次の予定へ向かいました。
[PR]
# by t-ainfo | 2009-11-19 23:35 | 建築
お陰様で冝雲寺の墓地が販売好調です。

詳しい情報は「株式会社ほてい」のサイトをご覧ください!


d0013977_491136.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-11-12 23:08 | 建築

本格的な上棟祭!

本日、現在施行中の現場の上棟祭が行われました。
上棟祭(上棟式)とは骨組みを組み立て、棟をあげる際に行われる祭祀です。新築される家に災いがおこらないように祈願します。

最近は上棟祭を行わなかったり、簡単に行うケースが多い中で本格的な上棟祭の現場に立ち会えたので様子を紹介します。

■棟の上る際、施工/設計/工事関係者は足袋やはっぴを着て行います■d0013977_16501999.jpgd0013977_16511910.jpg











■棟に上棟幣をたて、魔除けの弓矢などを飾ります■
d0013977_1905654.jpg

d0013977_192859.jpg
■開式の辞・修祓・降神・献饌・祝詞奏上と行っていきます■
d0013977_19142358.jpg
■上棟の儀…工匠2名が棟に上り、工匠長が「千歳棟(せんざいとう)!」と唱えながら弊を盤木に打ち付けます・工匠長の合図で匠2名が棟木の本末を打ちます・2回目は「万歳棟(まんざいとう)!」最後は「永永棟(えいえいとう)!」と唱えます■d0013977_19313470.jpgd0013977_19295972.jpg













■玉串拝礼を行い、撤饌・昇神をし地上での神事を終えます■
d0013977_19351552.jpg
■続いて施主、関係者は棟の上がり棟木締めや神酒拝戴などを行います■
d0013977_19484992.jpg

d0013977_19471786.jpg
■餅まき…2階から集まってくれた近所の方々にお餅やお菓子、福銭をまきます■
d0013977_1955516.jpg
■式後の直会では料理や飲み物が振る舞われ、建主が大工達の労をねぎらいます■
d0013977_19554477.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-10-20 20:04 | 建築
# by t-ainfo | 2009-09-24 01:33 | その他

H・Y邸完成報告!

東京都世田谷区の閑静な住宅街にある隣合う敷地にご兄弟で二棟の住宅を計画。アプローチや駐車場は共有にし広くとり、二棟の中央に昔からある井戸へと続く路地を作った。建物内部はそれぞれのライフスタイルに合わせて計画し、全く違う間取りとなっている。2階のリビング部分は垂木をあらわした勾配天井とし天井が高く広々とした明るい空間となっている。床材には杉の無垢材やバンブーフローリングを使い、壁や天井は珪藻土塗りを多く使用した環境や人に優しい材料使用した住宅である。
〜H・Y邸 外構〜
d0013977_184317.jpg
d0013977_18431615.jpg
d0013977_18432596.jpg

〜H・Y邸 奥の井戸へ続く中央路地〜
d0013977_18433747.jpg

〜H邸 玄関/階段〜
d0013977_18434671.jpg
d0013977_18445162.jpg

〜H邸 寝室/和室〜
d0013977_1844032.jpg
d0013977_18441035.jpg

〜H邸 天井が高く広々としたリビング/ダイニング〜
d0013977_1846294.jpg
d0013977_18461618.jpg

〜H邸 広く使えるオーダーキッチン〜
d0013977_18462334.jpg

〜Y邸 土間風玄関/階段〜
d0013977_18463619.jpg
d0013977_18464373.jpg

〜Y邸 本棚で間仕切れる寝室、書斎〜
d0013977_18465134.jpg

〜Y邸 天井が高く広々としたリビング/ダイニング/オープンキッチン〜
d0013977_18465854.jpg

〜和室の建具を開けて一体として使う事も〜
d0013977_1847740.jpg
d0013977_18471435.jpg

〜キッチンの上は小屋裏になっている〜
d0013977_18472274.jpg

[PR]
# by t-ainfo | 2009-09-03 19:06 | 建築

砕石パイル工法

地盤の強度、地震対策、環境問題、全てに対応できる「砕石パイル工法」が注目されてきている。

地盤表面を掘削をし、設計震度まで天然砕石を投入し圧力をかけながら
数回に分けて掘削底面や側面に砕石を十分に食い込ませながら施工する。

そのため、従来のセメント杭を使わないので、六価クロムを含む有害物質
が出ない事や、砕石なので液状化の際にも水を吸収し通す事で、地盤自体
が不安定になる事を回避する効果が期待できる。

今後、自然環境やコストの削減などの面からも期待できる工法になる
様に思われる。



日本砕石地盤改良協会

[PR]
# by t-ainfo | 2009-08-26 16:18