新興数寄屋建築家吉田五十八氏の「饒舌抄」に感動したT&Aが贈る建築談義


by t-ainfo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:住宅( 6 )

最近、新聞等で「フラット35」「フラット35S」などの文字がよく目につくようになってきた。

経済危機対策に盛り込んだ14兆円補正予算に伴い住宅金融支援機構は6月4日より始めた制度である。
大きく下記2点が上げられる。
1,融資割合を100%にUP
2,20年間0.3%優遇金利適用(一定の条件を満たす建物)

その他建築確認や各種検査の申請費用、契約書に貼る印紙代、適合証明検査費用など、物件を取得するのに必要な諸費用も融資の対象。

さらに「長期優良住宅の普及促進法(200年住宅法)」施行に伴い、長期優良住宅に認定された物件を融資対象とする。融資期間は36年以上50年以下、35年以下はフラット35として扱う。親子リレー返済を除き契約者の完済時の年齢が80歳未満であることが条件。6月9日までに50機関が取り扱いを表明しており、このうち27機関が取り扱い中という。

ここ一年以上はこれらの優遇措置は続く予定であり、税制面だけみれば建て替え、買い時とみられます。ただ人生で最も大きな買い物である住宅は、慎重にそして計画的に判断され、200年住宅がやっと話題あがるようになってきた日本の住宅業界、住宅への考え方住まい方を見直す時期に来ているように思われます。
[PR]
by t-ainfo | 2009-06-22 09:22 | 住宅

長期優良住宅促進法施行

長期にわたり良好な状態で使用できる住宅の普及をめざす「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(長期優良住宅促進法)が2009年6月4日に施行された。日本の取り壊される住宅の平均築後経過年数は約30年と、英国の約77年、米国の約55年に比べて短い。築後30年程度で建て替える従来の住宅に対するイメージを転換、家族構成の変化に応じてリフォームやメンテナンスをしながら世代を超えて使い続けられる「長持ち住宅」の供給や流通を促すことで、成熟社会にふさわしい良質な住宅ストックを形成するとともに、住宅の建築・解体に伴う環境負荷も低減する狙いだ。このため長期優良住宅の認定を受けた住宅には様々な優遇措置が講じられる。

優遇措置
1,ローン減税最大600万円
2,最大200万円補助
3,最長50年返済

認定基準
1,一定以上の性能を満たしていること
2,維持保全計画を策定していること

つまり100年程度は持つ構造性能(基準法レベルの1.25倍)があり、維持管理・更新(構造躯体に影響なく配管交換など)が容易な建物であれば、優遇措置を受けられることになる。

この法律が今後の日本の住宅環境、都市環境にどのように影響してくるか?
日本古来の伝統建築は数百年の単位で維持管理を繰り返しており、和風モダンを基本姿勢に設計している者からすれば、普段から当たり前のようにこの程度の基準はクリアしていたので、国の住宅に対する考え方・法律がやっと追いついて来た感はある。
[PR]
by t-ainfo | 2009-06-04 06:53 | 住宅
T&A住環境セミナー
「ホーム・コンシェルジュとしての建築家」
と題してセミナーを開催した。
d0013977_030519.jpg


今回は少人数の方々に出来るだけ建築家を身近に感じて頂くために、分かりやすく自分が建築デザインの仕事に関わる切っ掛けとなった偶然の出会いの話から、写真や映像をまじえてた人間味を感じていただけるセミナーとして構成した。

第一章 T&Aスタイルのルーツとは?
19才の秋(9月21日)単身渡米して、生活に困り職探しをし、「ビバリーヒルズ学生アルバイト求む」の新聞広告に目がとまり、訪ねた先がロバート・クラウダ氏であった。
彼のインテリア工房で働くことにより建築デザインの世界へ飛び込むこととなる・・・・・。

第二章 家作りスケジュール
実際の工程写真を見ながら建築工法から仕事の流れなどを建築家・工務店・ハウスメーカーに頼むメリット・デメリット等々も含めてお話する。

第三章 心地よい住まいの為に
外断熱や高気密高断熱・シックハウスなど環境と住まいなどハード的なところを説明。

第四章 ホーム・コンシェルジュ
住まいに関わるすべてのご要望にお応えするために、いかい建築家とお付き合いするかをお話しする。特に技術的なハード面だけではなく、ライフスタイルに関わる生活提案も含めてソフト面をもっと利用することが上手い使い方である。

第五章 アイデアソースを求めて
建築家がアイデアヒントを得るために日々どんなことをしているか?森羅万象すべての行動がデザインベースとして生かされることになるなど、趣味(茶道・仕舞)や多くの方々との交流を通じて、また世界各国の名もない集落を訪ね歩く旅を通じて等々、多くの写真を通してお話しする。

第六章 住宅施工例紹介
実際の建築作品を通じて、どんな要望に応え、どんなことを考えてこの建物できあがり、どんな使い方をされているか?など。 建築は生き物であり、年輪を刻むものである。この20年以上建築設計に携わって感じたことをお話させていただく。

第七章 まとめ
最後に建築設計にとって最も大事なことは何か?
それは「思い」である。
「思い」を持った設計の家は、「思い」を持って施工し、「思い」を持って住んでいただける。
住まうごとに年輪を刻み、住み心地が増し、味わいある粋な住まいを創っていきたい。


※人気blogランキングに投票くださる方はココをクリックください!!

椿建築デザイン研究所公式ホームページ

椿四方山話も合わせてご覧ください!


[PR]
by t-ainfo | 2005-04-29 00:32 | 住宅

T&A住環境セミナー開催

最近インターネットや雑誌をご覧頂いた方から、建築家との付き合い方が分からないとの質問をよくいただく。設計料や工事金額のことはもちろんであるが、それ以上に建築家と工務店・ハウスメーカーとの関わり方のメリット・デメリットなどもっと基本的なことが多い。確かに一概にに建築家といってもそれぞれ個性豊かな方々が多い職種であるから、敷居が高いのも無理はない。自分の希望は叶えられるのか?予算はオーバーしないのか?高気密・耐震構造・自然素材など使っていただけるのか?心配になりだしたらきりがない。

そんなわけで、それぞれにお答えしていた内容をまとめて下記の通りミニセミナーを開催することに致しました。

■住環境セミナー■
「ホームコンシェルジェとしての建築家との付き合い方」

ホテルのコンシュルジェを旨く利用して満足いくサービスを得るのと同じく、住宅でも建築家を旨く使って心地よい満足いく住まいをつくるためのセミナーです。是非お気軽にお立ち寄りください。

日時:4月26日(火)19:00〜21:00
場所:東京都中央区日本橋小網町1-13 チェスターコート日本橋905
   ドリームインテリジェンス会議室
会費:2000円
申し込み:ドリームインテリジェンスHPより
     http://www.rakuichi-rakuza.com/index.html
     またはメール:info@rakuichi-rakuza.com
         電話:03-5847-7255

問い合わせ:有限会社椿建築デザイン研究所
      メール:info@t-a.co.jp
       電話:03-3903-7600

※人気blogランキングに投票くださる方はココをクリックください!!

椿建築デザイン研究所公式ホームページ

椿四方山話も合わせてご覧ください!


メールでの問い合わせはこちらまでinfo@t-a.co.jp
[PR]
by t-ainfo | 2005-04-12 13:39 | 住宅
「マニフェスト住宅」とは・・・・・原価・利益公開住宅
住宅にかかわる一切の原価を公開して、尚かつ施工会社の利益まで明らかにして適正な価格で工事が行われているか確認できる画期的な請負契約システムである。

既に数件の物件をこのシステムで工事を行っているが、見積金額が明確で設計者としてはお客様への説明と見積調整精査が非常にスムーズに行き、金額的にも適正価格の算定がしやすくメリットが大きい。

このシステムに賛同する会社を募りより良い住宅を適正な価格で創っていこうする組織作りを進める為にもNPO法人(申請中)の理事として普及に努めている段階である。

先週は全国(沖縄・宮崎・長野・名古屋・その他)から現在中心的に活動している賛同者が集まり理事会を開催。まだまだ地域特性があり一律原価利益公開とはいっても問題もあり、改善する点も多いのが現状ではある。ただし「より良い住宅を適正な価格にてお客様へ提供する」との理念は共通しておりその点を改めて確認する理事会でもあった。

NPO法人日本マニフェスト住宅協会 詳しくはこちらをご覧ください

※人気blogランキングに投票くださる方はココをクリックください!!※

椿建築デザイン研究所公式ホームページ

椿四方山話も合わせてご覧ください!


メールでの問い合わせはこちらまでinfo@t-a.co.jp
[PR]
by t-ainfo | 2005-04-05 00:52 | 住宅

オープンハウス

友人の建築家渡邉義孝くんの改装住宅のオープンハウスに行って来た。
古い木造建物を2期にわけての工事がやっと完了とのご案内をいただき訪ねたみた。
彼は保存復元設計を得意としていることもあり、自然素材にこだわり古い構造の梁柱を旨く利用しながら光と風をデザインした建物である。ご自宅とのこともあり壁は彼本人にコテをもって塗った珪藻土壁。素人とは思えない味わいのある仕上がりである。
もっとも面白い工夫はリビングダイニングの吹き抜けに梁を利用したブリッジが掛かってる。実際に頭を下げながら小屋裏部屋を行き来できるような構造になっている。
また玄関土間にはお父様が収集したアンモナイトの化石が埋め込まれており、いたるとことに楽しい工夫のある建物である。他の建築家の作品を見るのは非常に楽しいものである。自然な素材と温もりある空間構成に大変共感のもてる住宅改装であった。
詳しくは渡邉組ホームページをご覧ください

※人気blogランキングに投票くださる方はココをクリックください!!※

椿建築デザイン研究所
[PR]
by t-ainfo | 2005-03-28 23:38 | 住宅