新興数寄屋建築家吉田五十八氏の「饒舌抄」に感動したT&Aが贈る建築談義


by t-ainfo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:建築( 25 )

珪藻土の安全性

弊社は長年、環境や住人の健康を配慮し自然素材を使用しており壁材に
関しては極力、珪藻土を使用している。

特徴として、旺盛な吸放湿性を持ち、消臭・結露防止・マイナスイオン効果等の機能に優れる反面、弾力性が無く、気象条件に敏感な性質を持っています。
つまり、梅雨時期などの窓を長時間空けられない時期でも快適に過ごせる様になる上、他建材の出す化学物質も除去出来る性質を持つと一般的に言われて来た。

近年「珪藻土は発ガン性物質が含まれている」との噂を耳にする。
調べてみると、様々な機関や個人の方が調査・報告をしておりWHO参加機関のIARC(国際ガン研究機関)が珪藻土の成分と発ガン性の無関係を論文で説明している。

簡単に説明すると珪藻土の成分に結晶性シリカと言う物質が含まれる。
1996年にIARCが「結晶性シリカは人に対して発ガン性が有る」との発表をした事から始まる。
但しこれは、「珪肺患者が粉体として、結晶性シリカを長期間大量に曝露した際に肺がんを併発させる事が有る。」と言う報告で有り、「健康体の人でもシリカを吸い込むと肺ガンになる。」と言う話では無い。

そもそも、シリカ自体は地球の表層部の60%を占めている物質で有る事から生物はシリカの上で生活している事になる。

では何故、珪藻土だけが注目されたかを調べてみた。数有る説の中で、面白い話を発見したので紹介します。

アメリカ、テキサス州の民間殺虫材メーカーが地球の環境に優しい殺虫材を作り成分を公開した、その成分中に珪藻土が含まれる。
注意書きに「WHO(世界保険機構)は3%を超えるシリカを含む珪藻土は人体に危険で有る。」
としているが、WHOの公式なリリース内容には一切記載されていない。

(※珪藻土の粉体を使用した殺虫剤はアメリカには多く販売されており珪藻土の吸水性を利用し虫の表面の水分を吸収し脱水させて殺すが、メーカー品は3%を超えないので問題は無い。)

この経緯に目を付けた他建材メーカーが「珪藻土」=「殺虫剤の成分」で「人体に悪影響」+「結晶性シリカは人に対して発ガン性が有る」で「珪藻土は発ガン性が有る」にしたとの事。

最後に、主成分を珪藻土とした塗り壁であれば吸水性、また経年変化などの表面硬貨で珪藻土が粉塵となって大量に空気中に浮遊し続ける事。

また少量浮遊したとしてもアスベストとは違い湿度などの問題で長期に渡り浮遊し続ける事は不可能だと思われるが、不安が有る場合は選んだ珪藻土の成分などを建材メーカー等で調べると良いだろう。

(※建材によっては、珪藻土は僅かしか含まれない物も有る。)

〈文:佐竹 貴宏〉
[PR]
by t-ainfo | 2008-09-16 15:31 | 建築
成田の老舗和菓子店「なごみ米屋」の新しい企画店舗が完成!
外壁にノーマライフ社の煉瓦を使用して、自然と共生するリゾート高原風のイメージを演出した店舗展開にて、商品販売エリアとカフェエリアを左右に配置し、二階にはギャラリーとレンタルミーティングルームを設ける。従来からのなごみの米屋ファンのみならず様々な世代をターゲットにご利用いただけるような店舗となっている。
なごみの米屋現場報告はこちらへ
d0013977_0355698.jpg
d0013977_0363193.jpg
d0013977_0364776.jpg
d0013977_0372958.jpg
d0013977_0375511.jpg
d0013977_0381067.jpg
d0013977_0382644.jpg

[PR]
by t-ainfo | 2007-10-21 03:10 | 建築
4月8日(土)9日(日)の2日間「家づくりカフェ」を開催/thinknet home
2006年03月29日 | 4月8日(土)9日(日)の2日間「家づくりカフェ」を開催/thinknet home
日時:4月9日(日) 14時〜15時30分 開催日にご注意下さい
テーマ:「オーガニックライフのススメ」〜南イタリアの生活から学ぶ日本の住宅〜
主 催:thinknet home
建築家:椿 邦司 氏
場 所:小泉産業株式会社 ショールーム 3F研修ラボ (地図・下記参照)
    住所・千代田区神田佐久間町3-12 TEL・03-5687-0081
交 通:JR秋葉原駅 昭和通り出口から徒歩5分
    地下鉄日比谷線 秋葉原駅 4番出口から徒歩2分
    都営新宿線 岩本町駅 A4出口から徒歩5分
会 費:無料 


(有)椿建築デザイン研究所 椿邦司氏

内容
南イタリアの旅を通して知り合った人々の生活や集落の成り立ちから、日本の住宅を考える。南イタリアのゆるやかな時間の中で自然に暮らすことの贅沢さと日本のこれから求められる住まい方とは何か?

参加方法
事前の申し込みは必要ありません。
ご家族で秋葉原のヨドバシカメラや新名所の秋葉原UDXなどに足を運ばれる際、気軽にお立寄り下さい。

地図
こちらをご覧下さい。
http://www.akari-koizumi.com/showroom/map_tokyo.html
小泉産業ショールームのご案内はこちらをご覧下さい。
http://www.akari-koizumi.com/showroom/sr_tokyo.html
その他御不明な点がございましたら稲畑産業? 住環境本部 畑瀬までお問い合わせ下さい。
稲畑産業株式会社 住環境本部 TEL 03-3639-6564 E-mail hatase.piripo@inabata.com
d0013977_0292247.jpg

[PR]
by t-ainfo | 2006-03-30 00:30 | 建築

T邸上棟式

千葉県の成田近郊にあるT邸の上棟式が本日行われた。
この地域では昔から集落全体で棟上げを祝い、当家では一ヶ月も前から準備を始めていた。当日は天気にも恵まれ、親戚やご近所の方々など総勢200名以上のが集まっていただいた。近所にある親戚の家では「はたらきさん」と呼ばれる奥様方が食事の準備をする。
d0013977_25148.jpg

棟には当主・棟梁・親戚代表・施工会社・設計事務所など総勢19名が上がり、祝詞奏上、お祓い、乾杯に続き、いよいよ四方餅に始まり祝いの品(お餅・ラーメン・お金・お菓子・ティッシュ・サランラップ・ゴムボール等々多数)をふるまいはじめる。
ゴムボールには大きな景品名が書かれており後で扇風機やトースター・お米・お酒等々と交換できるシステムである。
d0013977_2145883.jpg


集まった人々皆手に紙袋を持ち、天から降ってくる祝いの品々を拾う。
d0013977_2151155.jpg


祝いの品を手にした嬉しそう人々。
d0013977_2174510.jpg


ふるまいが終わりホット一息。
d0013977_218563.jpg

何故かヨン様ならぬ「ヨソ様」まで来ていた。(笑い)
d0013977_219157.jpg


祝いの品のふるまいの後は建物内で宴席がはじまる。
d0013977_2203152.jpg


はたらきさん達も楽しそうである。
d0013977_221295.jpg


最後に施主家族・工事関係者と一緒の記念撮影。
d0013977_2222730.jpg


恐らく昔はどこでもあった日本の上棟式風景であろうが、こうして集まった人々のたくさんの笑顔を見ると地域全体で上棟を祝い、準備を助け合い、喜びを分かちあうコミュニティーの素晴らしさを改めて感じた。心が温かくなった一日であった。

※人気blogランキングご覧ください!!

椿建築デザイン研究所公式ホームページ

椿四方山話も合わせてご覧ください!
[PR]
by t-ainfo | 2005-06-06 02:27 | 建築
伊勢神宮の社殿を20年に一度造り替え、神々を移す「式年遷宮」がいよいよ今月からスタートした。千三百年の歴史を持つ儀式は、御用材の伐採や造営の無事安全を祈念する「山口祭」と「木本祭」から始まり、ご神体を移す「遷御」の平成25年までに約三十の祭典や行事が執り行われる。

「山口祭」
遷宮の御造営にあたり最初に執り行われる祭儀です。御造営用材を伐採する御杣山(みそまやま)の山口に坐(ま)す神を祭ります。御杣山は時代により変遷がありますが、古例のまま皇大神宮(こうたいじんぐう)は神路山(かみじやま)、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)は高倉山(たかくらやま)の山麓で行われます。

「木本祭」
新宮の御床下に奉建する心御柱(しんのみはしら)の御料木を伐採するにつき、御木の木本に坐(ま)す神を祭ります。深夜、両宮域内の山中で行われる秘祭で、「物忌(ものいみ)」と称する子供が忌斧(いみおの)を執って御料木奉伐の儀を行います。奉伐された御料木は新殿完成時まで内宮は御稲御倉(みしねのみくら)、外宮は外幣殿(げへいでん)に安置されます。

その後の行事はサイトをご覧ください。

遷宮は神殿建物のみならず、着物や日用調度品なども含めてすべて新しくする。この20年というスパンが丁度伝統技術を受け継ぎ伝えるためには上手く考えられている。

いっけん20年で壊して新しくするのはもったいないように感じるが、大きな歴史の中で考えると物質ではなく「技術」・「伝統」・「文化」・「心」を作り守り続けるために必要な行事である。

以前、遷宮に使う木曽檜の伐採と植林風景を見に行ったことがあるが、それぞれの職人には誇りと自信が満ちていた。ひとつの建物を作るのに長い年月と多くの人々の関わりから誕生する「遷宮」には日本伝統が生き続ける。
d0013977_2263432.jpg

※人気blogランキングに投票くださる方はココをクリックください!!

椿建築デザイン研究所公式ホームページ

椿四方山話も合わせてご覧ください!
[PR]
by t-ainfo | 2005-05-05 02:26 | 建築