新興数寄屋建築家吉田五十八氏の「饒舌抄」に感動したT&Aが贈る建築談義


by t-ainfo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

茶室のあるF邸完成!

若い茶道教授者の自宅兼お稽古場をもった住宅である。
二畳台目の小間と8畳の広間に水屋の付いたお稽古場にリビングダイニングが連続してテラスデッキまで繋がる一階とプライベートな二階を配置している。
茶室の付きの住宅は特に生活動線と茶事などの動線が重要であり、プライベート空間と茶事を含めた流れなどが限られた空間のなかでどう演出でき、完結するかがポイントとなる。
F邸現場報告はこちらへ
d0013977_3241712.jpg
d0013977_3251131.jpg
d0013977_3294674.jpg
d0013977_3295525.jpg
d0013977_33083.jpg
d0013977_3301851.jpg
d0013977_330299.jpg
d0013977_3303986.jpg
d0013977_3305761.jpg
d0013977_3311190.jpg
d0013977_3312471.jpg
d0013977_3313691.jpg
d0013977_3314743.jpg
[#IMAGE|
[PR]
by t-ainfo | 2007-10-21 03:31